​アドストリーム ジャパン

​テレビCMオンライン搬入システム

​アドライン

デジタルアセットマネジメントからテレビCM素材の送稿までお任せください。

アドストリームジャパン

テレビCMオンライン搬入システム

CMのメタデータ登録、素材ファイルのアップロード
から媒体扱広告会社が指定する放送局へのCM搬入
までの一切をadlineサービス一つで完結することが
出来ます。​

アップロードして頂いた素材ファイルからのXDCAMプリントの発注・納品も併せてご対応いたします。

 

           とは?

adline」は「ad online system」の略称です。

アドストリーム ジャパンが日本向けに独自開発致しましたテレビ向け広告用のオンライン運用システムの呼称です。

日本のCM制作の現場のニーズ・文化に合わせ、
新たに開発されたシステム

世界中のCMデリバリー業務で培った技術とノウハウを
基に、日本のCM搬入システムを踏襲し独自に開発した
プラットフォーム adline システムを導入頂くことにより、生産ワークフローと流通に於ける更なる安心と
安全性を提供致します。

2017年10月テレビCMの放送局への搬入方法が大きく変わりました。

2013年4月 CM素材ファイル運用促進プロジェクトが日本広告業協会内に設置され、

 

日本におけるCMのオンライン運用に向けた準備が本格化。

 

そして2017年10月、CMのオンライン運用が正式に開始されました。

 

テレビCMオンライン搬入のワークフロー

 

テレビCM素材搬入メディアの変革

テレビCMオンライン搬入のメリット

搬送距離とタイムリミットからの解放

オンライン化により素材の搬入等にかかる時間が大幅に短縮できます。全国ほぼ同一の到着タイミングでの納品完了を実現。

悪天候や災害等の外的要因による素材不達遅延の心配がなくなります。

業務効率の向上

CM素材の物理的納品がなくなる。メタデータ利用により素材登録管理業が軽減できます。

プリントからファイル運用へ

CM素材の物理的納品がなくなる。メタデータ利用により素材登録管理業が軽減できます。従来のプリント作成業務にかかわる手間や、発注の業務の手間が削減できます。

テレビCM素材搬入メディアの変革

 
 

​オンライン受入可能な放送局の状況

日本民間放送連盟のホームページ内の

「民放テレビ各社で受入可能なCM素材および搬入方法」

で最新の受け入れ可能局の状況をご確認頂けます。

 

プレミアムライブラリー

プレミアムライブラリーをご利用頂く
ことで、著作権管理のための使用期限
使用範囲の設定や、二次利用のための
オートトランスコード機能や不要部分の
カット機能(カラーバーやクレジット)
など、大切なメディアの資産マネジメントをサポートする為のプラットフォームを
ご提供いたします。

動画サイト等、TVオンエア用以外の
メディアに対応可能なフォーマット(MP4/QT/WMV/やH.264/Mepg2等、

基本4種類)で直接ダウンロードが
可能です。

 

ソニーPCLとの強力な連携体制

編集・MAなどのポストプロダクション、変換・エンコード・品質検査などのメディアプロセシングでの豊富な経験をもつソニーPCL株式会社との連携によって、XDCAMのプリント及び、 CMオンライン運用サービスに必要な映像制作技術分野での強力なサポート体制を構築しております。​

これにより「テレビCMのオンライン運用」はもとより、物理メディアとの併用など、お客様のニーズにフレキシブルに対応するためのトータルソリューションを提供致します。

 

     のご利用申し込みの流れ

  • 制作扱い広告会社のお客様

ご利用規約、システム動作に必要なPC環境をご確認の上、接続利用申込書に必要事項をご記入頂き担当者までお送り下さい。

弊社システム管理者よりシステムへの招待のEメールをお送りさせて頂きます。

  • 制作会社・ポストプロダクションのお客様

制作扱い広告会社様からのご招待でご利用いただけるようになります。

 

​​デモのご案内

アドストリームジャパンでは随時、テレビCMオンライン送稿サービスやデジタルアセットマネジメントに関してのデモンストレーション・プレゼンテーションを行っております。

さらに詳しいご案内が必要な方はお電話でご連絡頂くか
「お問い合わせ」ページより、ご連絡ください。

​TEL:03-3760-6273
(平日10:00~18:00)